主にアナウンス室に在籍するアナウンサーが、趣味や仕事、日常の中で出会ったちょっといい話などを、思い思いに分かりやすい「ことば」でつづっていきます。


投稿者 塩田慎二アナ

詳しいプロフィールはこちら

多摩川の風景

投稿日:2020年01月24日 09:00

「おはよう日本」の早い時間帯のキャスターを担当しています、アナウンサーの塩田慎二です。 この時間帯を担当すると、夕方に時間ができるので、年末年始も「ジョギング」をしていました。
走ることは、体力の向上だけでなく、様々な風景の変化にも気づかせてくれます。
ときどき多摩川の河川敷を走っているのですが、春は、桜並木が続き、天気が良い日は、遠くに富士山を望むことができて気持ち良く走ることできます。
この年末年始も、素敵な夕焼けと富士山を見ることができました。

200124_01.jpg
↑大みそかの多摩川の河川敷の様子

でも、橋の左下の公園、実は、工事中なんです。
去年10月、台風19号による影響で河川敷の様子は変わってしまいました。
多摩川は、かなり水位が上がり、川沿いでは被害を受けたところもありました。
河川敷の広い範囲が多くの泥に覆われていて、ところどころ大きな水たまりが・・・。
いつも子どもたちが遊んでいた公園に遊具は見当たらず、植木には流されてきた様々なものが引っかかり、
公園の隣にあったテニスコートのフェンスも倒れていました。
あれから、3か月。
公園やグラウンドは、まだ修復中ではありますが、このお正月は、たこあげをする家族の姿が見られ、子どもたちのはしゃぐ声も聞こえてきました。
一夜にして変わってしまった河川敷の風景は、少しずつですが元の姿を取り戻しつつあります。
今年は、災害のない年になってほしい!
そう思いながら、今年もまた多摩川の河川敷を走ります。

200124_02.jpg
↑年始も河川敷を走りました。夕日の右に薄く富士山が見えます。