主にアナウンス室に在籍するアナウンサーが、趣味や仕事、日常の中で出会ったちょっといい話などを、思い思いに分かりやすい「ことば」でつづっていきます。


投稿者 木花牧雄アナ

詳しいプロフィールはこちら

食べられる食器!

2019年03月08日 09:00

ニュースシブ5時の中継で京都に行ってきました。

190308_1.jpg

日本屈指の観光都市、京都。
そこでは、「ゴミ」が大きな問題に・・・。
その問題、こんなトレーが解決してくれるかも!

190308_2.jpg

食べられるトレーなんです!
甘みもあって、これだけでもおいしく食べられます。
こちら、愛知県にあるアイスクリームのコーン製造会社が作ったもの。
これなら、容器まで食べるのでゴミの心配なし!
今回取材した京都のカフェで、スイーツの器に使うとか。

190308_3.jpg

さらに、トレーには「味」のバリエーションも!

190308_4.jpg

(紫いも味、えびせんべい味、オニオン味、やきとうもろこし味があります!)
料理に合わせてトレーを選べるんです。

ここまでするのは、トレーだけ「食べ残し」させないための工夫だとか。
"おいしいトレー"で、ゴミ削減を目指しているんです!

さらに、トレーだけではなく、

190308_5.jpg

190308_6.jpg

食べられるスプーンや箸まで、開発中!
料理を盛りつけられて、食べられる強度。この両立が難しいんだそうです...。
将来的には使い捨ての食器、全てを食べられるように
研究開発が進められるということです!

皿を食らわばスプーンや箸まで・・・ そんな時代も近いのかもしれません!


投稿者 木花牧雄アナ

詳しいプロフィールはこちら

夢のロボットが現実に!?

2018年06月01日 09:00

キタキツネにエゾシカそしてタンチョウ...。
広大な釧路の大地から東京に引っ越して2ヶ月ほど。
環境の激変になんとか慣れようと日々過ごしています。

4月から「ニュース シブ5時」で、主に中継リポーターを担当しています。
その日その日に注目されているテーマや場所をたずねて、その魅力や取り組んでいる人々の苦労や思いを伝えています。

毎日、あちこち飛び回って取材をさせていただく中で、いろんな「ワクワク」と出会えるのが楽しみです。
そのひとつが、高さ8.5mの巨大マシーン!
群馬県榛東村の農業用機械の製作会社から、中継させていただきました。
見た瞬間、ロボットの迫力に大興奮!

180601_001.jpg

そのコクピットがこちら。
機体にはいくつものカメラが搭載され、モニターで周りを見ることができます。
まるで子どもの頃に憧れたアニメのパイロットです!

180601_002.jpg

前後にすり足で動くことができるだけでなく、レバー操作で、肘も指も、人間と同じように細かく動かすことができるんです!
思わず、「こいつ・・・動くぞ!」と声が出るほど、ロボットアニメ好きにはたまらないひとときでした。
ただ巨大化しすぎて、倉庫から出られないのが玉にきずですが...。


外に出られるこんなロボットもあります。

180601_003.jpg

恐竜ロボット!

エンジニアを目指す子供たちが増えて欲しいと、子供が乗れる小型のロボットもたくさん作っています!

その魅力は子どもたちだけでなく、大人のハートも直撃。
スタッフ全員このテンションの上がりようです。

企業では、ロボットを作ることが、機械製作のスキルアップにつながっていると話していました。自分たちが面白いと思うものを作って、それで多くの人を楽しませ、さらに企業の力につなげてしまう。その発想とチャレンジ精神に感激しました。

いずれアニメのように、宇宙空間を飛び回れるロボットが登場するのを期待しています!

ニュース シブ5時」は月曜から金曜日午後4時50分から放送。中継にも注目してくださいね!