主にアナウンス室に在籍するアナウンサーが、趣味や仕事、日常の中で出会ったちょっといい話などを、思い思いに分かりやすい「ことば」でつづっていきます。


投稿者 石井かおるアナ

詳しいプロフィールはこちら

「一本の道」は人生に通じる!?

2017年03月31日 09:00

こんにちは!この春入局30年になりました石井かおるです。
転勤を繰り返しながらも、ここまで何とかやってこられたのは、
ひとえにこれまで出会ってきた方たちのおかげです。

出会いと言えば、旅。
この節目の時期に、番組でスペイン・バスク地方を旅してきました。
バスクと聞いてどんなことを思いますか?
ベレー帽発祥の地、ピカソの絵「ゲルニカ」、
かのフランシスコ・ザビエルのふるさと・・・。
みんな正解です。
こうして挙げてゆくと親しみを感じてきませんか?

今回のミッションは、BSプレミアムで月に1回放送されている「一本の道」と言う番組です。
ただの旅ではありません。
ひたすら歩き貫く旅です。旅をするのは、アナウンサーと日本語が話せる地元の方。
6日間かけて72キロ、独特の文化を持つバスク地方を山から海へ、自然やくらしの営みを感じる旅をしました。

「一本の道」は人生に通じる!?01
まだまだ元気。歩き始めて初日、民宿のカップルと。右端は、共に歩いたイニャキさん(パン職人・一児の父)

72キロを続けて歩くなんて人生初。しかも、事前取材は一切なし。
長年アナウンサーと言う仕事をしてきたせいか、
案内されるとはいえ、初めての土地で予備知識を持たないままと言うのが不安。
身構えていましたが、歩くほどに変化が!
肉体と精神が反比例することを実感しました(どういうことかは番組で)。

「一本の道」は人生に通じる!?02
5日目。カラ元気の2人。ユーカリの森で。

素直な気持ちになれば、いろんなことが見えてくるし、いろんな人たちと結ばれてゆくのです。
歩く時々休憩、歩く歩く時々森に遊ぶ、そして歩く歩く歩く時々歌う。
で、気づいたらゴールに!

「一本の道」は人生に通じる!?03
6日目。もう姿は見せられません。

時には、こんな絶景のご褒美も。眼下に望むベルメオの港町。山も海もバスク。
どんな結末が待っていたのかはお楽しみ。
放送は、BSプレミアム 4月25日(火)午後10時~11時です。