主にアナウンス室に在籍するアナウンサーが、趣味や仕事、日常の中で出会ったちょっといい話などを、思い思いに分かりやすい「ことば」でつづっていきます。


投稿者 深川仁志アナ

詳しいプロフィールはこちら

ラジオ文芸館 「小さなレストラン」 北杜夫著

2017年03月02日 15:00

3月4日(土) ラジオ第1 午前8:05~8:45

アナウンサーの語りと音響効果で構成する“聞く短編小説” ラジオ文芸館
今週末は、高松放送局の深川仁志アナウンサーが担当します。
朗読するのは、北杜夫の『小さなレストラン』です。

ラジオ文芸館 「小さなレストラン」 北杜夫著

歯の治療中の私は、家から徒歩15分の歯科への道すがら、一軒のほんの小さなレストランを見つける。
ショーウインドーに並ぶ料理に並々ならぬ興味を抱くものの、扉には「本日休店」という木札が下がっていた。
その後も、店を気にしつつ歯の治療を続けたが、道中では相変わらず「本日休店」の札がかかる。
そんなある日、目に入った「只今準備中」に胸を躍らせ、歯科での治療後、店へと向かった。
期待と不安を抱えレストランの扉を開くと、そこは見るからに安食堂。
店で一番高価な「ビフテキ」を注文するが、果たしてその味は…。

以下、深川アナウンサーの話です。
小学校2年生のときに、北杜夫さんの児童書を手にして以来ファンとなり、
学生時代も北杜夫作品を読み続けてきました。
今回の作品は「小さなレストラン」。
誰もが経験したことのある、街の中でそれまで意識しなかった店が妙に気にかかり足を運んでみる、
という内容です。
主人公は歯科通いをしている作家で、観察眼に優れ、何かと周囲の様子を分析したがる…。
今回、私のイメージした主人公は、まさに北さんご本人でした。
調べてみると、意外にも北杜夫作品はラジオ文芸館では初登場ということが分かりました。
私の敬愛する北杜夫作品が文芸館をお聞きのみなさま、
そして平成23年に亡くなられた北杜夫さんご本人に届くことを願っています。」

ラジオ文芸館 「小さなレストラン」 北杜夫著02

深川仁志アナウンサーが担当するラジオ文芸館の放送日時です。
3月4日(土) ラジオ第1 午前8時5分~8時45分
どうぞお聞きください。

ラジオ文芸館ホームページ