主にアナウンス室に在籍するアナウンサーが、趣味や仕事、日常の中で出会ったちょっといい話などを、思い思いに分かりやすい「ことば」でつづっていきます。


投稿者 望月豊アナ

詳しいプロフィールはこちら

インタビューここから 朝井リョウさん

2017年07月14日 12:00

7月17日(月・海の日) 総合テレビ 午前 6:30~6:53

インタビューここから 朝井リョウさん

海の日の『インタビューここから
ゲストは、平成生まれ初の直木賞作家・朝井リョウさん(28)。デビュー作「桐島、部活やめるってよ」、直木賞受賞作「何者」など、現代の若者の姿をあぶりだす作家として注目を集めてきました。しかし、そうした役割はまもなく終わると本人は感じています。その先にどんな作品を見据えているのでしょうか。母校の中学校などで、朝井さんの本音に迫りました。
以下、制作・聞き手の望月豊アナウンサーの話しです。

「小説家としてだけでなく、ラジオパーソナリティや、高校生とのトークイベントの司会など、マルチに活躍する朝井リョウさん。母校の中学校や、上京してからずっとお気に入りの場所というファミリーレストランで話をうかがったほか、ニッポン放送で放送中の「高橋みなみと朝井リョウ ヨブンのこと」の収録現場にもお邪魔しました。平成生まれ初となった直木賞受賞から4年。30歳を前に、小説家として新たな局面を迎えようとしている"最新の"朝井リョウさんをご紹介します。」

○インタビューここからホームページ