主にアナウンス室に在籍するアナウンサーが、趣味や仕事、日常の中で出会ったちょっといい話などを、思い思いに分かりやすい「ことば」でつづっていきます。


投稿者 雨宮萌果アナ

詳しいプロフィールはこちら

2019年は着物づくかも!?

2019年01月11日 09:00

雨宮萌果です。今年もどうぞよろしくお願いいたします。
もうすぐ成人式ですね。街中で振袖姿の女性を見かけると、気持ちが華やぎます。
もう私が振袖を着ることもないだろうなぁ・・・なんて思っていたら
なんと、有難いことに新年の番組で着物を着る機会を3回もいただきました。

着物は気が引き締まりますし、いつもとは違い、おしとやかな雰囲気も醸し出されますよね。また、柄も美しいですし、帯や帯留めの色づかいも計算しなくてはなりません。着付けにもお時間をいただきますから、実に手の込んだお洒落だなと毎回思うのです。
(あら・・・文章も、いつにもまして、おしとやか。)

こちらの着物は「落語ディーパー!新春・新作スペシャル」で着用したもの。

190111_1.jpg

大柄の矢絣。緑の帯と紫色の組み合わせは少しポップで大正ロマンを感じさせます。
収録中、皆さんの話が面白く、ついつい私も動きが大きくなってしまい、何度も着崩れしそうになりました。着物の乱れは心の乱れ。足の閉じ方、手の上げ方、普段から意識していないといけませんね。

こちらは「バナナマンの爆笑ドラゴン 正月場所」の際に着付けていただいたもの。

190111_2.jpg

白地に淡い色の花模様。帯締めは水引のような、めでたさがありますし、帯揚げや重ね衿のピンクやオレンジで元気印を演出。このまま日常生活でも着用していたら、少しはガサツな性格が改まるのではないかという幻想を抱いてしまいました。

そして、この写真は「新春生放送!東西笑いの殿堂」

190111_3.jpg

すみません!こちらは、2018年の振袖です(笑)
去年は、赤い着物に蝶が舞って動きがありました。

着物は細部にわたってお洒落ができ、個性も出せて、奥深いものです。
また、男性の着物や紋付袴姿も凛々しくて、素敵ですよね。
着物づいていますので、今年はプライベートでも着物で出かけようかしら。
あ、まずは着付け教室に申し込まないと・・・。そんな2019年が始まりました。