主にアナウンス室に在籍するアナウンサーが、趣味や仕事、日常の中で出会ったちょっといい話などを、思い思いに分かりやすい「ことば」でつづっていきます。


投稿者 新井秀和アナ

詳しいプロフィールはこちら

にぎやかな土日

2019年09月20日 09:00

こんにちは。新井秀和です。
土日祝日の「おはよう日本」を担当しています。

先日、土日の朝がいつもよりにぎやかでした。

朝4時前。
メークをしながらその日お伝えする原稿に目を通す人がいました。

190920_01.jpg

190920_02.jpg

広島放送局の中川安奈アナウンサーです。
「おはよう日本」の土日祝日を担当している石橋亜紗アナウンサーの代行でした。

とても明るく前向きな中川アナ。
普段の何倍もの量のニュース原稿に若干緊張していましたが、出勤してから何度も情報に目を通して、万全の体制で番組に臨んでいました。

それからしばらくすると、こちらでも見慣れない後ろ姿が。

190920_03.jpg

190920_04.jpg

仙台放送局の髙木優吾アナウンサーです。
スポーツコーナー担当の廣瀬智美アナウンサーの代行でした。

普段は大相撲を中心にスポーツを担当している髙木アナ。
今回は、キャスターとしてのプレゼンのほか、事前に取材した大相撲のリポートネタを持ち込んで放送に結びつけました。
髙木アナは、私が熊本放送局に勤務している頃、鹿児島放送局に新人として赴任しました。
その姿を見ていたので、数年経ってこうして一緒に番組に出演するのはとても嬉しいです。

190920_05.jpg

そんな二人とお伝えした「おはよう日本」がこちら。
普段と違う息づかいの二人が入ることで独特の緊張感が生まれ、私も気合いが入ります。
そして、彼らが初めての仕事に向き合う姿勢を横で見ることは、とても刺激になります。

そして放送後・・・

190920_06.jpg

ニュースリーダーの伊藤海彦アナウンサーも一緒に撮りました。
無事に放送が終わり、ホッと一息。

二人ともそのまま広島や仙台へ戻るのかと思いきや、休日をとったあと、中川アナは東京で特番の収録、髙木アナは大相撲秋場所の業務にあたるとのことでした。
キャスターの代行で出張に来て、精力的に頑張る若手二人の姿が頼もしく見えました。

普段と違う声が飛び交い、ちょっとにぎやかだった土日が終わり、いつもの放送に戻りましたが、二人からもらった刺激を大切にして仕事に向き合いたいと思います。


投稿者 新井秀和アナ

詳しいプロフィールはこちら

オオサンショウウオに会えました!

2018年11月02日 09:00

こんにちは。新井秀和です。
総合テレビ・日曜夜7時半から放送している「ダーウィンが来た!生きもの新伝説」のナレーションを担当しています。番組では、テーマによって、ナレーター自ら取材に出かけることがあります。

先日は、世界最大の両生類で、国の特別天然記念物でもある「オオサンショウウオ」の取材に行ってきました。

181102_001.jpg

出かけた先は、広島県東広島市豊栄町を流れる椋梨川。
2018年7月の「西日本豪雨」によって、オオサンショウウオが暮らす環境に異変が起きました。
豪雨による激流で川の護岸が崩れて巣穴が壊れたり、上流にいたオオサンショウウオが下流に流されてしまったりしたというのです。

取材に訪れた日は、オオサンショウウオの生態を研究している広島大学の清水則雄准教授をはじめとする皆さんが、地元の豊栄小学校の子供たちと調査をしていました。
私も参加させていただくと、なんと!オオサンショウウオに出会うことが出来ました!
普段は会いたくてもなかなか会えないそうで、とてもラッキーでした。

181102_002.jpg

写真をよ~く見ると2匹のオオサンショウウオがいるのがわかりますか?
大きいものは1メートルを超え、迫力がありました。
一方で、つぶらな瞳と目が合った時には、ドキッとするほど可愛くて、ファンが多いことも納得できます。
顔のアップの写真が撮れなかったことが悔やまれますが、テレビカメラにはしっかり収まっていますので、番組でご確認ください!

印象的だったのは、豊栄小学校の子供たちが、オオサンショウウオを大切に思い、誇りに感じていること。子供たちとのやり取りから、豊かな自然が豊かな心を育んでいる様子を垣間見ることが出来ました。

181102_003.jpg

清水准教授は、豪雨災害がオオサンショウウオの生態にどのような影響を与えているのか、今後も調査を続けていくそうです。
今回取材した内容は、今後行われる調査の様子も含めて、年明けに放送する予定です。
お楽しみに!