主にアナウンス室に在籍するアナウンサーが、趣味や仕事、日常の中で出会ったちょっといい話などを、思い思いに分かりやすい「ことば」でつづっていきます。


投稿者 古野晶子アナ

詳しいプロフィールはこちら

秋の夜長の楽しみ方

2017年11月10日 09:00

「あさイチ」リポーターの古野 晶子です。

9月にノルウェーのフィヨルドを6日間かけて35キロ歩いてきました。

紅葉が始まりかけた山々、雪解け水からなる沢山の滝、大きな虹、フィヨルドの海の澄んだ青い色...。

どこを見ても絵になる光景に心が洗われました。

171110_01.jpg

9日間娘と離れていたのですが、実家の親や家族、ママ友のお陰で何とか乗り切れ、娘も笑顔で過ごしてくれました。歩き続けて身体は疲れましたが、心の充電が出来たので今のところは優しいママでいられます(笑)

私が旅人として歩いた番組、
「一本の道」 "自然の芸術フィヨルドの道を歩く ~ノルウェー~" の再放送があります。
BSプレミアム 2017年11月28日(火)午前8時からです!
ご覧頂けたら嬉しいです。

さて、この頃 日が沈むのが早くなってもう暗くなっている!!と外を見てびっくりするのですが、
皆さんは秋の夜長をどう楽しんでいますか?
私は娘の服作りに励んでいます。チクチク手縫いをしたり、ミシンをかけたり...。
昔から好きだったわけではありません。裁縫は苦手中の苦手だったのですが、娘が産まれてから出来たママ友に教えてもらって少しずつ作るようになったのです。ミシンを求め、かわいいなと思う柄や色の布を集め、今ではストックがどんどん増えています。

171110_02.jpg

収集癖があるようで、ハマると色々と集めたくなってしまいます。布だけではなく、リボンやボタンなど収納スペースに収まりきれないほどで家族にあきれられています。
「これを作ろう!」と決めて服作りを始めるのですが、いつも製作途中で色々と工夫したくなり、完成したものは最初のイメージとは違うものになっています。作ったものを集めてみました...地味な色ばかりです。

171110_03.jpg

お気づきの方もいらっしゃるかもしれません。そう、どれも袖がついていないのです。袖付きの服にチャレンジしようとするものの、難しくていつもあきらめてしまいます。大ざっぱに型紙をとるので袖が合わないのです...。

いつか袖付きの服が作れるようになりたいです。早くしないと彼女は手作り服を着てくれなくなりそうです。