主にアナウンス室に在籍するアナウンサーが、趣味や仕事、日常の中で出会ったちょっといい話などを、思い思いに分かりやすい「ことば」でつづっていきます。


投稿者 森田洋平アナ

詳しいプロフィールはこちら

今年は〇〇イヤー!

2020年02月07日 09:00

『サイエンスZERO』の司会と
『あさイチ』のリポーターを担当している森田洋平です。

今年は、何といっても、オリンピック・パラリンピックイヤー!
夏が待ち遠しい、という方も多いのではないでしょうか。

でも、実はもう一つ、
今年は、世界中の誰もが知る
あの人物のメモリアルイヤーであることをご存じでしょうか。

200207_1.jpg

そう、楽聖・ベートーベン!
生誕250年の記念の年なのです。

なぜ、そんな話を始めたかといいますと、
史上初めてベートーベンの曲が演奏された
『ウィーンフィル ニューイヤーコンサート』を
現地ウィーンからお伝えしたからです。

200207_2.jpg

会場のウィーン楽友協会、
その目の前に設置した特設スタジオからの生放送を
去年に引き続き担当させていただきました。

写真右下に見えるスタジオを拡大すると、こんな感じ。

200207_3.jpg

ガラス張りのコンテナなのですが、
実はこれ、番組プロデューサーが
おととしの番組の準備を進めていたときに、
とある自動車展示会場で見かけて、
「スタジオに使える!」とひらめいたものなんだそうです。

中に入ると、

200207_4.jpg

ガラス越しに
楽友協会の美しい建物や、入り口前の賑わいを見ることができます。
今年は、去年と少し角度を変えて
より建物を見えやすくしたのですが、
いかがだったでしょうか。

ところで、ウィーンと日本の時差は8時間あります。
日本が8時間早く年を越すのですが、
ウィーンはその瞬間、まだ午後4時。
放送前日、準備を進めている時間帯です。

でも、日本人スタッフばかりのコンテナ内では、

200207_5.jpg

皆、手を止めて
衛星回線で日本から送られてくる映像に見入っていました。
小さなモニターに映し出されているのは、
そう、『ゆく年くる年』。
遠く離れていても、時差が8時間あっても、
やっぱり日本の年越しを感じていたかったんですね。

そして迎えた2020年、ベートーベンイヤー!
ウィーンフィルは、
ベートーベンの9つの交響曲を
全て演奏することになっています。
NHKでもベートーベンの記念番組を続々と放送する予定です。
どうぞお楽しみに!!