主にアナウンス室に在籍するアナウンサーが、趣味や仕事、日常の中で出会ったちょっといい話などを、思い思いに分かりやすい「ことば」でつづっていきます。


投稿者 松岡忠幸アナ

詳しいプロフィールはこちら

デジタルアナウンサー

投稿日:2020年07月31日 09:00

200731_1.jpg

同期の礒野佑子アナウンサーと、新人時代以来18年ぶりの共演となりました。礒野アナが司会を務める「どーも、NHK」に7月5日出演したのです。ただし、今回はアナウンサーではなくNHKプラススタッフとしての出演でした。実は、今年度からアナウンス室に加えてデジタルセンターという部署でも働いているのです。

NHKは、この春からNHKプラスというサービスを始めました。インターネットを活用して、番組を放送と同時に見られたり、見逃した番組を1週間視聴できたりするサービスです。受信契約があれば、追加の負担なしで利用できます。私は大学の授業でホームページを作って以来インターネットのとりこで、デジタルセンターでも仕事させて欲しいと志願し、NHKプラスチームに加わったのでした。

NHKプラスのスタッフとして担当している仕事の一つに「アナウンサー #元気が出る プレイリスト」があります。これはNHKプラスで配信されているたくさんの見逃し番組の中から、見て元気が出た番組についてアナウンサーがそれぞれ感想をつぶやいて、プレイリストとして紹介するものです。人によって元気が出る番組ってこんなに違うんだなと、各アナウンサーから寄せられる感想を取りまとめていてつくづく思います。

200731_2.jpg
画像は7月10日時点のリストで、紹介されている番組の配信はすでに終わっています。

他のアナウンサーのつぶやきを読むと、自分も見たくなるもので、武田真一アナウンサーが「すれ違う人生 奇跡の出会い 感動しました」とつぶやいた柳葉敏郎さんの「ファミリーヒストリー」は、SNSで話題になっていたこともあって、すぐに見ました。これは確かに見逃せない番組でした。見逃した番組が話題になって悔しい思いをすることってよくありますよね?そういう時こそNHKプラスです。

アナウンサーとしても、出演している「あさイチ」「土曜スタジオパーク」はSNSで話題になって、「見逃した!見たかった!」という声を見かけることも多く、私も「見て欲しかった!」と悔しい思いをしていたので、見てもらえる手段ができたのは本当にうれしいです。

NHKプラススタッフとしても、アナウンサーとしても、NHKプラスを多くの皆さんに使ってもらえたらいいなと思います。本当に便利ですよ。

NHKプラスについてはこちら
https://plus.nhk.jp/info/