主にアナウンス室に在籍するアナウンサーが、趣味や仕事、日常の中で出会ったちょっといい話などを、思い思いに分かりやすい「ことば」でつづっていきます。


投稿者 吉田真人アナ

詳しいプロフィールはこちら

芝居小屋をたずねて

投稿日:2019年04月26日 09:00

アナウンサーの吉田真人です。

新年度も引き続き、Eテレの「にっぽんの芸能」「チョイス@病気になったとき」を担当します。どうぞよろしくお願いします!

先日、私の赴任地でもあった岐阜へ「にっぽんの芸能」のロケで行ってきました。

190426_01.jpg

風情がありますよね~。
こちらは岐阜県の東部、中津川市の加子母という地区にある木造の芝居小屋「かしも明治座」です。その名の通り、明治27年に建てられた芝居小屋で120年以上の歴史を誇ります。
私も岐阜放送局時代に何度も取材に伺ったことがある思い出深い場所です。

190426_02.jpg

中はご覧のとおり。
1階の客席は枡形に区切られ、観客たちは床に座って鑑賞します。舞台との距離も近いのですが、隣の人たちの距離もとても近いんです(笑)他のお客さんとの会話が弾むのも芝居小屋ならではです。
はりには樹齢400年といわれる木が使われているこの立派な空間ですが、なんと当時の地元の人たちがお金を出しあって建てたというのだから驚きです。

岐阜県は地元の人たちによって演じられる芝居(地元では地歌舞伎と呼びます)が盛んで、「かしも明治座」でも地元の人たちによる公演が定期的に行われています。
現在、地芝居(地歌舞伎)の保存団体は全国におよそ200ありますが、そのうち最多のおよそ30団体が岐阜県にあるということで、いかに岐阜が芝居の盛んな土地かおわかりいただけると思います。

今回取材したのは、歌舞伎俳優・中村七之助さんの舞踊公演。
実は、「かしも明治座」は七之助さんの亡きお父様、十八代目中村勘三郎さんが襲名披露公演を行った場所であり、現在は七之助さんが名誉館主を務めているという、親子にとって非常にゆかりの深い劇場でもあるのです。

さて、先日、再び中村七之助さんが出演される公演を見に、またまた芝居小屋に行ってきました!

190426_03.jpg

今度は、香川県の琴平町にある旧金毘羅大芝居「金丸座」です。
こちらは、天保6年(1835年)に建てられた芝居小屋です。
ここで毎年春に行われる「四国こんぴら歌舞伎大芝居」を鑑賞してきました。

190426_04.jpg

天井には出演している俳優それぞれの家紋が描かれた提灯「顔見世提灯」が吊られています。この家紋のデザインがシンプルながらも屋号の特徴をよくあらわしていてお洒落なんです。

芝居小屋はそれぞれ個性があって面白い場所です。いつか全国の芝居小屋を制覇したいと思っています!

190426_05.jpg

夜もとてもいい雰囲気でした。

芝居小屋、娯楽の原点を感じられてオススメです!


それでは、クイズをどうぞ!