主にアナウンス室に在籍するアナウンサーが、趣味や仕事、日常の中で出会ったちょっといい話などを、思い思いに分かりやすい「ことば」でつづっていきます。


投稿者 小松宏司アナ

詳しいプロフィールはこちら

歌のステージの舞台裏

2019年04月05日 09:00

「新BS日本のうた」を担当している、小松宏司です。
番組は、日曜日、BSプレミアムで午後7時30分からの放送です。きょうはその舞台裏を少しご紹介します。

新年度1回目の放送は、4月14日です。収録は3月28日に名古屋市公会堂で行いました。

190405_1b.jpg

私は基本的に舞台の下手袖(客席から向かって左手の袖)にいます。歌番組をご覧になった方は、一度は聞いたことがあると思いますが、ここで、イントロにコメントをのせる「オフコメ」といわれるナレーションを行います。台本を譜面台にのせ、メロディーを聞きながら歌の情報を朗読するのです。

190405_2.jpg

190405_3c.jpg

その際、行っているのが、リハーサルの様子を映した画面をタブレット端末で録画することです。何をチェックするのかというと、メロディーにコメントの調子があっているか、映像の切り替えにマッチしているか。そして、一番重要視しているのが、歌手の名前をよみあげたときに、ステージ上の歌手の方がおじぎをしやすいタイミングかどうかです。名前、おじぎ、拍手がぴたりとあうと、歌手の方も歌う気持ちが高まるといいます。私は友人とカラオケに行ったときには、「オフコメ」を再現して、ちょっと盛り上げてあげます。まあ、演歌歌謡曲を歌うのは、友人というよりも、上司や歌番組の同僚ばかりですが・・・。

190405_3b.jpg

そして、歌番組の命の「音声」。下手袖には音声に関する機器がたくさんです。
まずはマイク。今回使用するのは、13本。1つ1つに歌手や私の名前のシールが貼ってあります。番組では多いときには20本のマイクを使うこともあります。そして、写真のケーブルはすべて音声系統のものです。

190405_4.jpg

190405_5.jpg

このつまみは、演奏者の楽器の音量を上げ下げするものです。多いときには30人にもなる演奏者。トランペットやバイオリンなどなど、それぞれの楽器の名前がつまみのところには書かれています。担当者は、1つ1つの音をききわけ、上げ下げしていくのです。その動きは「すごい!」の一言です。

190405_6.jpg

190405_7.jpg

「新BS日本のうた」は、多くのスタッフで作られるステージです。華やかなステージの裏側を少しだけですがご紹介しました。番組をご覧いただいたとき、「あっ、この音。いろんなスタッフで作り出している音なんだな」と想像してみてください!

190405_8.jpg

それでは、今週のクイズです。


投稿者 片山千恵子アナ

詳しいプロフィールはこちら

素敵なお話を届けられますように!

2019年04月12日 09:30

片山千恵子です。
春ですねぇ、桜を見ると気持ちもほっこりしますねぇ。満開の桜も、散りゆく桜も、また綺麗ですよね。

新年度からは、総合テレビの「ニュースシブ5時」と、BSプレミアムの新番組「ダークサイドミステリー」などを担当します。

この日は、「ニュースシブ5時」で担当する「マイトレジャー」(水曜放送予定)の撮影。
この新コーナーは、輝いている女性にインタビューし、人生の宝物を伺うというものです。

第一回は、北斗晶さん。
お話を聞くと、まぁパワフル!ポジティブ!
想い出の地を一緒に巡りながら、人生の宝物について話を伺いました。

190412_image1.jpg

それから、4月1日の放送のゲストは浅田真央さん。

190412_image2.jpg

オリンピックなど数々の演技に、何度涙したことか...。
放送中も、VTRでオリンピックの演技を見ていると、感動がよみがえります。
伊藤みどりさんに憧れてこの世界に入ったという話や、期待する選手の話などを、生放送で伺いました。

...と、色々な方に会って、色々な話を伺うことが多くなりそうな新年度です。
皆さまにたくさん素敵なお話を届けられますように!

では、クイズをどうぞ!


投稿者 塩田慎二アナ

詳しいプロフィールはこちら

フィニッシュで携帯もフィニッシュ

2019年04月19日 10:20

アナウンス室の塩田慎二です。
新年度、4月から「おはよう日本」の早い時間帯のキャスターを担当しています!
昨年度はニュース、中継、音楽コンクール、料理番組、ラジオ番組「増田明美のキキスギ?」など幅広い分野の番組を担当しました。その「幅の広さ」を生かして、「おはよう日本」でもすがすがしくお伝えしてまいります!

さて、以前このブログで前任地の岡山でマラソンに挑戦したので、東京でも走りたい!
という内容のブログを書きました。
その後、なんと東京マラソンに出場することができました。
去年の夏「当選はきびしいだろうなー」と思いながらも申し込み、ビギナーズラックでしょうかなんと走れることになりました!
東京を走れる機会はもう二度とないかもしれないと思い、毎日とはいきませんが3、4日に一度は必ず走るようになりました。そして、1月には、ハーフマラソン大会にも出場して調整。
マラソンをしている方は「遅い」と感じるかもしれませんが最終的には1キロ5分~6分で走れるようになりました。
そして目標を「サブ5」(42点195キロを5時間以内で走る)に定めました。
そして迎えた3月3日。天気は雨。しかも寒い。これまでに経験したことのないコンディションでした。
走っていたらあたたかくなるだろうと思い、薄いカッパをまとったくらいでスタート。
しかし、とにかく寒くて温まらない!どんどん体は冷えていく。
私はさすがに無理かも?と思いながら走りました。
とにかく寒くて、途中トイレに行こうとしても何分も待つし、お腹も減るし、
もうやめようかと本気で思いました。
でも、なんとか走りきれました!
なぜか・・・それは、途中にある写真撮影スポットのおかげ?でした。
日本橋、雷門、スカイツリー、銀座、東京タワー、走り・・いや歩きながらも、次の撮影スポットへ(笑)
そうやって写真を撮りながら走っていると、だんだんと距離を重ね・・・完走することができたのです。
もちろん、沿道から知り合いが「塩田!頑張れっ!」と喝を入れてくれたことも大きいですが。
5時間36分でフィニッシュ!!
フィニッシュ後に、ゴールを背にして写真を撮ろうと思い、スマートフォンを出すと・・
まさかの『充電0%』!!スマートフォンの画面は真っ暗。
私の初めての東京マラソンのフィニッシュは、頭の中のカメラに刻まれることになりました。
来年、もし走る機会が得られれば、ぜひ今度はフィニッシュ写真を!!
そう思いながら、また1年、ランニングに勤しみたいと思います。

190419_001.jpg
スタート直前 (号砲がなり、スタート地点まで20分ほどかかりました)

190419_002.jpg
「雷門」まだ表情に余裕がある・・・

190419_003.jpg
雨の中、走りながらスカイツリーを狙う

↓ゴールまであと少しというところで東京タワー(写真撮影でタイムをかなりロスした)
190419_004.jpg

190419_005.jpg
フィニッシュ直前・・・この後、スマホの電池がなくなった・・・

それではクイズです!


投稿者 千葉美乃梨アナ

詳しいプロフィールはこちら

"先輩たち"の思い出の地でインタビュー

2019年04月25日 10:00

千葉美乃梨です。
今年度も引き続き、『あさイチ』リポーターと『サンドウィッチマンの天使のつくり笑い』を担当します。

先日、とある"先輩たち"に、じっくりと話を伺いました。

その"先輩たち"とは・・・?

190425_01.jpg

お笑いコンビ・サンドウィッチマンの伊達みきおさん(左)と冨澤たけしさん(右)!

2人とも私と同じ仙台市出身。
なんと偶然にも、伊達さんは通っていた小学校まで一緒(まさに直系の先輩ですね)!!

普段一緒にラジオをやっているものの、じっくりインタビューをするのは初めて!!!
2人が上京して初めて暮らした街や下積み時代に立っていた劇場を一緒に訪ねました。

190425_02.jpg

いまやテレビで見かけない日はないほど忙しい2人ですが、
実はお笑い芸人としては遅咲き。

下積み時代、弟に結婚式のご祝儀を渡せなかった伊達さんの「悔しさ」。
ネタ作りをするときの富澤さんの「葛藤」。
さらには、ことし、震災後初めて3月11日に被災地のお客さんの前で漫才を披露。
震災から8年を迎えた特別な1日にも密着させていただきました。

190425_03.jpg

そして、お笑い好きとしてはいつか2人に聞いてみたかったこと・・・
これまで数々の芸人が出演したお笑い番組『オンエアバトル』に出演したことがないことについて。
かつてはどう思っていたのか?いまどう思っているのか?
同郷の後輩だからこそ聞ける、ギリギリの質問をさせてもらいました。

その答えは、こちらで!
5月2日(木・祝)『インタビューここから』総合 午前6時30分から放送予定。

"先輩たち"のコンビ愛を感じること間違いなし!!


投稿者 吉田真人アナ

詳しいプロフィールはこちら

芝居小屋をたずねて

2019年04月26日 09:00

アナウンサーの吉田真人です。

新年度も引き続き、Eテレの「にっぽんの芸能」「チョイス@病気になったとき」を担当します。どうぞよろしくお願いします!

先日、私の赴任地でもあった岐阜へ「にっぽんの芸能」のロケで行ってきました。

190426_01.jpg

風情がありますよね~。
こちらは岐阜県の東部、中津川市の加子母という地区にある木造の芝居小屋「かしも明治座」です。その名の通り、明治27年に建てられた芝居小屋で120年以上の歴史を誇ります。
私も岐阜放送局時代に何度も取材に伺ったことがある思い出深い場所です。

190426_02.jpg

中はご覧のとおり。
1階の客席は枡形に区切られ、観客たちは床に座って鑑賞します。舞台との距離も近いのですが、隣の人たちの距離もとても近いんです(笑)他のお客さんとの会話が弾むのも芝居小屋ならではです。
はりには樹齢400年といわれる木が使われているこの立派な空間ですが、なんと当時の地元の人たちがお金を出しあって建てたというのだから驚きです。

岐阜県は地元の人たちによって演じられる芝居(地元では地歌舞伎と呼びます)が盛んで、「かしも明治座」でも地元の人たちによる公演が定期的に行われています。
現在、地芝居(地歌舞伎)の保存団体は全国におよそ200ありますが、そのうち最多のおよそ30団体が岐阜県にあるということで、いかに岐阜が芝居の盛んな土地かおわかりいただけると思います。

今回取材したのは、歌舞伎俳優・中村七之助さんの舞踊公演。
実は、「かしも明治座」は七之助さんの亡きお父様、十八代目中村勘三郎さんが襲名披露公演を行った場所であり、現在は七之助さんが名誉館主を務めているという、親子にとって非常にゆかりの深い劇場でもあるのです。

さて、先日、再び中村七之助さんが出演される公演を見に、またまた芝居小屋に行ってきました!

190426_03.jpg

今度は、香川県の琴平町にある旧金毘羅大芝居「金丸座」です。
こちらは、天保6年(1835年)に建てられた芝居小屋です。
ここで毎年春に行われる「四国こんぴら歌舞伎大芝居」を鑑賞してきました。

190426_04.jpg

天井には出演している俳優それぞれの家紋が描かれた提灯「顔見世提灯」が吊られています。この家紋のデザインがシンプルながらも屋号の特徴をよくあらわしていてお洒落なんです。

芝居小屋はそれぞれ個性があって面白い場所です。いつか全国の芝居小屋を制覇したいと思っています!

190426_05.jpg

夜もとてもいい雰囲気でした。

芝居小屋、娯楽の原点を感じられてオススメです!


それでは、クイズをどうぞ!