主にアナウンス室に在籍するアナウンサーが、趣味や仕事、日常の中で出会ったちょっといい話などを、思い思いに分かりやすい「ことば」でつづっていきます。


投稿者 高橋さとみアナ

詳しいプロフィールはこちら

ペーパーダイバーの夏

2018年10月05日 09:00

厳しい暑さの夏が、やっと終わりましたね。
「夏といえば海!海といえばダイビング!」だった、かつての私。
以前このブログでも、ダイビング愛を記していました。

それから時は流れ、もう3年以上潜っていません。
ダイビングのライセンスカードを取り出すこともなく、すっかりペーパーダイバーです。

それでも、「水中世界をお散歩したい!」という気持ちは抑えきれず、水族館の年間パスポートを購入して、夏の間は足繁く通いました。

181005_001.jpg

重い機材を背負うことなく、気軽に散策できるのは良いですね。 一緒に連れて行っている息子も、いつしか海洋生物好きに・・・

181005_002.jpg

共に潜れる日を夢見て、体力筋力をつけつつ、しばらくは水族館巡りを満喫します♪


投稿者 吉田浩アナ

詳しいプロフィールはこちら

「我が家のねこ」たち!?

2018年10月12日 09:00

3年ぶりにアナウンス室に戻ってきました。吉田浩です。
主に、首都圏の番組を担当しています。

先日、街を歩いていると、ある場所を通るたびに、どこからともなく視線を感じたんです。
なかなか、その正体が分からないまま、数週間が経ったある日。その正体に気づきました。
それが、この「招き猫」でした。

181012_001.jpg

高さおよそ60センチ、重さは5キロほどと、その存在感が、街の中でも目を引くものでした。
そんな街での強力な視線を、実は妻も感じていたことが、分かったのです!!
「これは、何かの縁かもしれない!?」と思い、思い切って家に連れて帰る決断をしました。
今は我が家の玄関で、このように愛らしい姿で、招いています・・・。

181012_002.jpg

ご存じの方も多いと思いますが、招き猫が左右のどちらで招いているかによって、そのご利益が違うといわれています。諸説あるようですが、右は「お金」、左は「人」を招くそうです。
ということは、運命を感じたこの招き猫は「お金」を招く!?でも、「人との縁」が大事な我々の仕事。
ということで、以前から我が家に飾っていた、高さわずか数センチの左で招く猫も傍らに!

181012_003.jpg

そして、もっと以前から、我が家に鎮座していた、こんな猫まで!!

181012_004.jpg

お腹には、「招福上向開運」の文字が!
両方挙げている猫が、笑顔で招いています(笑)

「我が家のねこ」たちを見ていると、何だか、いいことがありそう!?

皆さんにも、いいことがありますように・・・。


投稿者 酒匂飛翔アナ

詳しいプロフィールはこちら

○○の秋へ

2018年10月19日 09:00

こんにちは。酒匂飛翔です。
「おはよう日本」スポーツキャスターやスポーツ中継を担当しています。

ようやく気温も落ち着き、秋らしくなってきましたね。
皆さんもそれぞれの秋を楽しんでいらっしゃいますか?
読書の秋、芸術の秋、行楽の秋・・・。いろいろとありまよね。
私としては「食欲」の秋を満喫中です。

image006.jpg
(カレー味の餃子!肉汁はさながらスープカレー)

181019_002.jpg
(マトンキーマカレー、カレーばかり食べていますね。 笑 )

181019_003.jpg
(疲れた時やここ一番の仕事の前には贅沢してウナギ!私の「勝負メシ」です。)

とまあ、好きなものを好きなだけ食べていましたら、あれよあれよという間に体重激増。とほほ。
(具体的な数字は避けておきます。)

これはいかん。
10月からは方針転換し、ここからは「スポーツ」の秋。というか「減量」の秋。
ただ何から始めようかなぁ?あ、そういえば押入れに・・・・・。

181019_004.jpg
何を目指していたのか忘れましたが、家にはトレーニング器具が意外と揃っていました。
(そういえば忘年会や結婚式の二次会の景品などでもらったものも。)

脱ポッチャリ目指して減量の秋。
うぉー頑張るぞ!!

image007.jpg
(追伸 このあと猛烈な筋肉痛で腕がしばらく上がらなくなりました。)


投稿者 久保田祐佳アナ

詳しいプロフィールはこちら

イスは座るものじゃない!?

2018年10月26日 09:00

こんにちは!久保田祐佳です。
今日は、なんだかわくわくする秘密基地のような空間、「所さん!大変ですよ」のセットをご紹介します。後姿は、井上裕貴アナウンサー。本番を前に、自主練の真っ最中です。

181026_1.jpg

その井上アナウンサーが番組名物"紙芝居"を披露する台は、ころんとした真っ赤な車。
よーく見るとナンバープレートが・・・10-56-3=ところさん、になっています。

181026_2.jpg

司会席の後ろの棚には、千羽鶴が飾られています。取材でお世話になった折鶴専門店の方が手作りしてくださいました。セットに並べるものは美術スタッフが毎回少しずつ変えているのですが、千羽鶴の場所は、毎回プロデューサーのチェックが入ります。もう一つ送っていただいたのですが、そちらは、制作スタッフの部屋に大事に飾っています。番組が末永く続きますように。

181026_3.jpg

専門家のみなさんの机は物入れがついていて、資料や小道具の収納にも便利。

181026_4.jpg

4月からは、司会者の席が、ソファから高いスツールになりました。そういえば、以前ご一緒した構成作家の方が、「バラエティ番組のセットなら、イスは座るものじゃだめなんだ!」と熱く語っていました。ただ腰掛けるためのものではなく、イス一つにも意味を持たせ、番組の雰囲気やメッセージが伝わるものでなくてはならない、というお話でした。確かに、イスと言っても、学校の教室で使うイスや折り畳みの式のものから、王様が使うようなゴージャスなイスまで、色も形も様々。お話を聞いてから、バラエティ番組のセットを見る目が変わりました。その方には、「アナウンサーがよく使う(つい使ってしまう)接続詞ってあるけど、本当にその表現しかないのか考えてみたら」など、たくさんのことを教えていただきました。

181026_5.jpg

「所さん!大変ですよ」のセットを初めて見たとき、細部まで世界観を表現していてすばらしい!と思いました。番組を見てくださる方に、一つ一つ注目してほしいとは思っていなくて、でも、全体から伝わる何かがあればうれしい、作り手のそんな気持ちを感じたのです。そして、私自身、一つ一つの言葉の選び方に、もっともっと心を配らなければと肝に銘じながらセットに入っています。

181026_6.jpg