主にアナウンス室に在籍するアナウンサーが、趣味や仕事、日常の中で出会ったちょっといい話などを、思い思いに分かりやすい「ことば」でつづっていきます。


投稿者 柴田祐規子アナ

詳しいプロフィールはこちら

静岡局から3月に

2018年05月11日 09:00

こんにちは。NHK静岡で3年8ヶ月過ごし、
3月から東京のアナウンス室に異動になりました柴田祐規子です。
静岡局最後の勤務日...

180511_01.jpg

生徒に囲まれる担任の先生、みたいに写ってます。
膝の上に抱えているのは手作りの卒業アルバム。
当日いない人もスマホ画面に顔写真を出して全員集合
しました。

若者たちと一緒に、笑ったり、喜んだり、時には
厳しく(?)叱ったり。
振り返ると、
番組作りは楽しいよ、現場に出るとワクワクするよ、
と言い続けた毎日だった気がします。

そしてつい最近もワクワクする経験が...。

180511_02.jpg

新緑の京都、疎水沿いを歩きました。
ご一緒したのは作詞家の松本隆さん。

松本さんのおすすめの喫茶店には
思いがけないモノが...

180511_03.jpg

大正時代の蓄音機がいまもシャンソンを響かせて
いました。
古いものを大切にする京都ならではの空間。
時空を超え、非日常的な場所に行った気分に。
5月4日に放送したインタビュー「ここから」のロケの
ヒトコマです。

2000以上もの曲の作詞を手がけた松本隆さんのお話は、
決して古びず、時代を越えて届く言葉のヒミツに溢れて
いました。

次にワクワクする経験があった時、また
このブログでご報告します。では~♪


投稿者 吉田真人アナ

詳しいプロフィールはこちら

舞台の魅力

2018年05月18日 09:00

3月から東京のアナウンス室に参りました吉田真人(まこと)です。
この春からEテレの『にっぽんの芸能』の司会と『チョイス@病気になったとき』のリポーターを担当しています。

前任地の大阪放送局時代に文楽など古典芸能にすっかり魅了され、休みのたびに舞台を鑑賞する生活を送っています。本物の芸に触れることが、今や一番のリフレッシュ法です。

舞台は見るのも「立つ」のも大好きです。

180518_1.jpg

これは、去年出演したピアノのコンサートでのひとコマです。

ピアノを始めたのは4歳の時。以来、生活の中心にはいつもピアノがありました。
(実は番組でも何度かピアノを演奏する機会があり、過去には「あさイチ」のスタジオで披露したことも)
大学進学で実家を離れてからはしばらくピアノから遠ざかっていましたが、大阪でおよそ10年ぶりに再開しました。
関西に住む社会人のピアノ愛好家たちのサークルに誘われたことがきっかけでした。メンバーは年齢も職業も様々。しかし、共通の趣味のもとに集まっているので本当に仲が良く、初めて住む関西にすぐ馴染むことができたのは皆さんのおかげです。

サークルの活動は結構本格的で、年に数回ホールを貸し切ってコンサートを開いていました。仕事の合間を縫っての練習は大変なこともあり本番前は音を上げることも・・・。
それでも続けていたのは、「舞台の魅力」があったからです。
ステージで演奏するのはやはり格別です。自分の奏でた音がホール内に反響し、まるでシャワーのように降り注いでくるのは「快感」です。そして、演奏をしている最中、ふと音楽を通じて客席とまるで会話をしているような感覚が訪れる瞬間があります。まさにこの瞬間が舞台の魅力だと思います。

観客として舞台を見に行った時も、舞台上の役者や演奏者となんだか会話をしているような感覚になることがあります。表現のキャッチボールとでもいうのでしょうか。伝えたいことが伝わってくる、そんな呼応し合うドキドキ感が、私が舞台に魅了される一番の理由かもしれません。

『にっぽんの芸能』は、一緒に司会をつとめる俳優の石田ひかりさんやスタッフの皆さんとともに、そんな舞台の魅力をどうすれば視聴者のみなさんに感じていただけるか日々模索しながらお伝えしています。この番組が劇場へ足を運ぶきっかけになれば最高に嬉しいです!

最後にとっておきの思い出を!

180518_2.jpg

このケーキは、東京に転勤する時にピアノサークルの皆さんがサプライズで用意してくれたものです!

180518_3.jpg

ピアノを弾いている私をモデルにしたというデコレーションが!!

舞台でもこんな余裕の表情で弾けるぐらいうまくなりたいな(笑)


投稿者 出山知樹アナ

詳しいプロフィールはこちら

ネットで聴いて!ラジオ特集「大阪へ行こう!!」

2018年05月24日 18:05

180524_001.jpg

大阪局アナウンサーの出山知樹です。
4月30日(月・振休)朝、大阪からラジオ特集「大阪へ行こう!!」を生放送しました。
大阪に対するコテコテのイメージが「実際の大阪の街とは違う!」と皆さんにお伝えしたかった番組です。
また、ネットとの連動で「写真に凝った」ラジオ番組にしました。
それが聴き逃しサービスではより音声と写真で楽しんでいただきやすくなっています。
知らなかった大阪の魅力を、ぜひぜひ!「見て・聴いて」ください。
地元の人も知らない!?ラジオ特集「大阪へ行こう!!」
(2時間近くの番組ですが30分弱ごとに音声を区切って、写真付き再生ボタンで聴けるようになっています)

以下、番組中にアップした写真のいくつかを
紹介します。詳しくはぜひ番組をお聞きください!

180524_002.jpg

本番直前、四天王寺本坊庭園。
この場所から番組が始まりましたゲストは?「あるある」で知られるあの人です。そして左側の女性は?
司会は伊藤雄彦アナウンサー

180524_003.jpg

中継先 その1。
もう一人のゲストの方とNHKの山田朋生アナが、船に乗っていますが...?

180524_004.jpg

番組のメインスタジオ四天王寺本坊庭園の茶室です。
右側はゲストの二人、左手前、四天王寺執事の山岡武明さん。
司会は大阪放送局の伊藤雄彦アナ
何やら楽しそうですねえ。

180524_005.jpg

うって変わってここも大阪?
左側はNHK大阪の芳賀健太郎アナ右側の方はどなたでしょうか(芳賀アナより)
〇〇町沖の船から「〇〇体験」を中継しました!

180524_006.jpg

山田アナともう一人のゲスト、パッ〇〇、
船に乗っていたと思ったら
今度はとてもおいしそうなケーキ...!
どこから中継しているのでしょうか?

180524_007.jpg

芳賀アナが撮影した飛行機の写真。いったいどこから撮影?

180524_008.jpg

ここは?
※ヒントは世界三大墳墓の一つと言われているところ
あ、真ん中の女性ははひょっとして、
〇〇にコーフンしているあの人?

写真左はNHK大阪の松苗竜太郎アナ

180524_009.jpg

スタジオのゲスト二人が持っているものは一体...?

180524_010.jpg

ゲスト、パッ〇〇が
し...下帯姿に...!!

一体何が...!?
番組のクライマックスです。

ぜひ、聴き逃しをお聞きください!

あの感動をもう一度!ラジオ特集「大阪へ行こう!!」です。
地元の人も知らない!?ラジオ特集「大阪へ行こう!!」

180524_011.jpg


投稿者 岩野吉樹アナ

詳しいプロフィールはこちら

この春、はじめました

2018年05月25日 09:00

はじめまして、岩野吉樹(いわの・よしき)です。
私は平成16年に入局して、広島→鳥取→水戸→甲府で勤務。
4月からは「おはよう日本」の午前4時半~6時の時間帯を、
佐藤克樹アナ佐藤誠太アナと交代で担当しています。

これまで地域の放送局では、主に夕方のニュース・情報番組を担当していました。
そのときは「仕事終わりや夕食の時間帯。リラックスして見てほしい」と、
落ち着きと親しみやすさを大事にしようと思ってきました。
でも、午前4時半からの「おはよう日本」は、
NHKがお届けする、"その日 朝一番の生放送"です。

正確さはもちろん、"元気に"、ニュースや情報をお伝えしたい。
ニュースの背景や用語などの勉強とともに、
他にもできることがあるのでは、と
担当することが決まってから、ずっと考えていました。
そこで、まずこの春から「はじめた」のが・・・

180525_01.jpg

毎日の運動です。

もともと、少年野球やバレーボールをやってきて、
スポーツは見るのもするのも好きなのですが、
20代、30代になり、いつしか運動から遠ざかり、
身体も重く、厚みを増していました。

180525_02.jpg
(小学校3~4年生くらいの頃 4番・キャッチャーでした)

そんな中、東京への転勤・引越しの準備をしていたある日、
大先輩に以前言われた言葉が、急に頭に浮かんだのです。
「体のキレが、言葉のキレにつながるんだ!体調管理が一番大事だぞ」。

そうか!身体のキレを取り戻そう!!と、
我が家での「腹筋やお風呂上りのストレッチ」とともに、
37歳7ヶ月にしてはじめて本格的にスポーツジムに通い始めました。


体調管理が大事、ということから、
もう1つ、これまで以上に強く意識しはじめたことがあります。

180525_03.jpg

しっかりと眠ること!
担当週は深夜に起床するので、就寝は夕方になります。
明るいうちでもしっかりと睡眠が取れるように、
いろいろと試しながら自分に合った方法を探しています。

もちろん、「もし災害・大事故が起きたらどう伝えるか?」などついても、
先輩や同僚の協力・指導を受けながら日々訓練・勉強しています。

180525_04.jpg

朝イチバンの時間帯、ニュースや情報はもちろん、
「きょうもがんばろう!」という"元気"も、
画面を通してお届けできるように。
そう思いながら準備をし、カメラの前に立っています。
早起きした朝は、「おはよう日本」、ぜひ4時半からご覧ください!