主にアナウンス室に在籍するアナウンサーが、趣味や仕事、日常の中で出会ったちょっといい話などを、思い思いに分かりやすい「ことば」でつづっていきます。


投稿者 徳永圭一アナ

詳しいプロフィールはこちら

バトンタッチ

2018年04月06日 09:00

こんにちは。娘のクラスメイトが、小学生にしてユーチューバーだと知り、
なんだか良くわからないけれど焦りを感じている、徳永圭一です。

私、節目の春を迎えました。
開始以来、7年3ヶ月担当してきた、土曜朝の「週刊ニュース深読み」が終了。
毎回猛勉強の連続だったものですから、今とんでもない開放感に浸っております。

そして、こちら。

001.jpg

もう1つの担当番組「所さん!大変ですよ」。
この春、後輩にバトンタッチすることになりました。

4月からは、井上裕貴アナが紙芝居を担当します。

私と違って、国際派。なんと英語がぺらぺらです。
私と違って、さわやか。
私と違って、報道畑一直線。

それもあってか、よく見ると、笑顔もややぎこちなく・・・。
実は、写真をとったのが井上くん最初の収録の日でして、
あたまに「ど」がつくくらい緊張しておりました。が、がんばっていましたよ。

そして、新年度ということで、番組はパワーアップ。
これまで床は茶色基調だったのですが、鮮やかな黄色。まさに「まっきっき」です。
さらに、紙芝居を置く"台"はこれまで脚立だったのに、おしゃれな車!
さらにさらに!出演者に、あらたに木村佳乃さんが加わりました。
スタジオ収録は大盛り上がり。これをどう編集するのか心配になるほどでした。

総合テレビ 毎週木曜夜8時15分から「所さん!大変ですよ
今後とも、どうぞよろしくおねがいします。

ちなみに私は、春から何をするかというと、
この4月に仲間入りする新人アナウンサーの指導役です。
関係各所から「大丈夫か」との声多数。いやはや、私も、緊張しています・・・


投稿者 和久田 麻由子アナ

詳しいプロフィールはこちら

装い新たに!

2018年04月13日 09:00

「おはよう日本」平日のキャスターを担当しています、和久田麻由子です。
気が付けば「おはよう日本」での早起き生活も、5年目に突入しております!

春は、出会いと別れの季節...。
旧年度で番組を離れるメンバーを泣く泣く見送りつつ、
新たな出演メンバーを迎え、ことしも新年度の放送がスタートしました!

そしてみなさんお気づきでしょうか??
スタジオの装いも新しくなったのです!
↓こちらは、旧年度のスタジオ。

180413_01.jpg

「カラフルさ」がポイントでしたが、
↓新年度のスタジオは...!!!

180413_02.jpg

この通り、「白木の木目調」になりました♪
これまでよりも、ナチュラルなイメージに!
ちなみにテーブルの後ろには何があるかといいますと...。

180413_03.jpg

たくさんのグリーンが。向こうには木も見えていますね。
あれ??眺めているのは、新年度の土日キャスター・新井アナウンサー!?

180413_04.jpg

ちなみに後ろの木は、「レモン」でした!
レモンのように"さわやかに"お伝えしましょう!
という番組からのメッセージでしょうか?

180413_05.jpg

さらに、よく見ると「サボテン」もありました!
サボテンのように、"とがった"切り口でシャープに、様々な話題をお伝えしましょう!
という番組スタッフの意気込みでしょうか?

...というふうに、先日のリハーサルの最中に、写真を撮っていたところ...

180413_06.jpg

スタジオのモニターに、
不意つかれた表情の高瀬アナ
その後ろで写真を撮りまくる和久田、の構図が映し出される場面も。

こうして、新年度の「おはよう日本」も、
木目調かつ多くの緑に囲まれたフレッシュでナチュラルなスタジオから、
"鮮度の高い情報"を、"自然体"で、毎朝お伝えしてまいります!
これからも「おはよう日本」をぜひご覧ください!


投稿者 小松宏司アナ

詳しいプロフィールはこちら

あなたの心の引き出しは?

2018年04月20日 09:00

 「新・BS日本のうた」司会の小松宏司です。歌手の皆さんの歌声を毎回、全国各地からお送りしています。この番組に力を加えてくれているのが、地元出演者のみなさん。BSプレミアムで4月22日(日)に放送する回では、埼玉県和光市の「わこうっこ合唱団」が参加してくれました。小学2年から中学1年までのこどもたちが、歌手の菅原洋一さん、水森かおりさんと一緒に童謡を披露しました。その透き通る歌声に心があらわれます。
 一緒に歌った菅原さんは「童謡は誰もが心にしまい込んだ思い出の引き出しをあけてくれます。小さい頃見た故郷の景色や父や母から受けた愛情。そして、草花、いきものを見て感動した思い出など皆さんの心にしまった宝物がよみがえりますよね」と話してくださいました。
こどもたちに聞くと「みんなと一緒に、呼吸と心をあわせ、歌うことが楽しいです。歌にいろんなことを教えてもらえます」と笑顔で答えてくれました。指導している谷禮子先生は「いま、日本に伝わる童謡を知らない子、そして親が増えています。大切に大切に歌い継いでいきたい」とおっしゃっていました。
 毎週、多くの歌をこの番組でお送りしていますが、いま一度、歌の作られた背景や歌詞にも耳を傾けてみてはいかがでしょうか?心の引き出しがひとつ増えるかも知れませんよ。

(放送予定)4月22日(日)午後7時30分からBSプレミアム。
再放送は、4月28日(土)午後0時から と 5月4日(金)午後4時30分か
ら。いずれもBSプレミアムです。

180420_01.jpg

180420_02.jpg

180420_03.jpg

180420_04.jpg


投稿者 鎌倉千秋アナ

詳しいプロフィールはこちら

トイレのお話

2018年04月27日 09:00

クロ現+を担当している鎌倉千秋です。
皆さん"トイレ革命"と聞いたら何を想像されますか?

180427_001.jpg

先日の放送では、日本、中国、インドのトイレ大変革について取り上げました。国ごとに革命の段階は異なりますが、目指すゴールには共通点も。
私も上海へ取材に行ってきました。

180427_002.jpg

かつて中国の公衆トイレは、"ニーハオトイレ"などと呼ばれました。汚く、臭く、隣りの人と顔を合わせる「ニーハオ」状態。私も地方ロケで何度も遭遇しました。しかし、その中国で"革命"が。しかも、習近平国家主席の大号令で。

180427_003.jpg

実際に取材した上海でNO.1人気のトイレでは、吹き抜け天井にファンが心地よく回り、辺りには石鹸の香りがほのかに漂っていました。無料配布の備品も豊富でした。専門家は、「トイレは都市と農村の格差の象徴。経済が以前のような高成長ではない中、人民に豊かさの実感を具体的に与えるものがトイレである」とその政治的な背景を語りました。

180427_004.jpg

インドでは家にトイレが無く、外に出た少女が犯罪に遭うという事件が起きています。トイレは「個人の尊厳」を守る場所でもあり、中国では「厠所是文明的窗口((トイレは文明の窓)」という言葉をよく聞き、市民の公共意識の目覚めを目にしました。

改めて「トイレ文化は一日にして成らず」。まず安心安全を与え、次に生活の豊かさを与え、さらに多様性を容れた文化の質を与える―そんな世界トイレ革命のフロンティアをきっと日本は走るのでしょう。

180427_005.jpg

たかがトイレ、されどトイレ―。
ちなみに、スタジオではみんな便器に座って真面目に語り合いました。
安定の座り心地でした。
番組リンク
https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4114/


投稿者 酒井博司アナ

詳しいプロフィールはこちら

「インタビューここから」伊達公子さん登場

2018年04月27日 15:00

大阪局アナウンサーでスポーツ実況担当の酒井博司です。

5月3日(木・祝)朝6時30分から放送の「インタビューここから」の取材で
テニスプレーヤー伊達公子さんを訪ねました。

今回、お邪魔したのは東京都内のスポーツジムです。
去年46歳で現役を引退し、今は右肩の手術後のリハビリを行っていると聞いたのですが、想像をはるかに超える、2時間以上の激しいトレーニングでした。

180427_k01.jpg

見ているこちらが疲れてしまいそうでした(汗)。

手元のタオルを見てみると、
ウィンブルドンの公式タオルではありませんか!!
高校時代から現在までテニス歴25年の私にとって憧れのタオルです。

ちなみに実際に試合中に使用したものだそうです。
やっぱり伊達さんには、ウィンブルドンが似合います。

180427_k02.jpg

神奈川県藤沢市のテニスクラブで一緒に食べた「コーヒーゼリー」。
ソフトクリームが乗っていて、ボリューム満点でした。

180427_k03.jpg

2度目の現役復帰に向けて練習している時、
「ほどよい苦みと甘み」が疲れた体に染み渡ったそうです。
伊達さんは、「懐かしい~」と笑顔でペロリ。

180427_k04.jpg

テニスクラブに通う一般のテニス愛好家のみなさんも
「伊達さんと同じものを食べたい」と当時はかなりの人気メニューになったそうです。

今回、番組では、引退から半年たった伊達公子さんが歩んできたチャレンジする生き方を振り返ります。
絶頂期の20代半ばで引退した理由、37歳での電撃の現役復帰、そして、ケガとの戦いで迫られた引退までの葛藤。
「インタビューここから」(総合テレビ)
5月3日(木)朝6時30分からです。
http://www.nhk.or.jp/a-holiday/

ぜひ、ご覧ください!