主にアナウンス室に在籍するアナウンサーが、趣味や仕事、日常の中で出会ったちょっといい話などを、思い思いに分かりやすい「ことば」でつづっていきます。


投稿者 塚原愛アナ

詳しいプロフィールはこちら

「うまいッ!」のレシピ

2018年02月02日 09:00

こんにちは。厳しい寒さ続いていますね~、塚原愛です。
このごろはおでんやお鍋が多いな、、、今夜は何作ろう~
と献立に悩んでいる方。ぜひ「うまいッ!」のHPを覗いてみてください。

「うまいッ!」は全国の食材を取り上げ、その美味しさはもちろんのこと、
栄養のことや調理法などなど、私たち消費者が知りたい情報をいっぱい詰め込んでいます。

去年から番組を担当しているのですが、特に、生産者や地域ならでは味わい方は
「なるほど、へー、ほ~」挑戦したくなるものばかり。
主婦の方が紹介してくださる事が多いので、
手間が余りかからず、素早くできるレシピが多いんですよ。

例えば、千葉県の「大和芋」の回で驚いたのは、"団子汁"。
とろろを塩味のだし汁に落とすと、1分ほどでもちもち食感のお団子になるんです。
しかも歯切れが良い!
お雑煮の餅代わりにもなると新発見でした!!
大和芋は栄養もたっぷりですから様々な調理法で楽しみたいと思っています(ちょっとお高めですが)。

180202_001.jpg

続いて、「ウマヅラハギ」の"かば焼き丼"です。
富山のウマヅラハギは、愛嬌あるお顔ですが、
ふぐのような白身とたっぷりの肝がもう絶品。
それをいかした、このかば焼き丼は大人もこどもも世代問わずお好きだと思います。

180202_002.jpg

身に肝を塗ってあるのでコクがあって
「白身と言えども、うなぎのような満足感がある」と表現したのは、
一緒に司会を務める天野ひろゆきさん(きゃい~ん)。
その通りでした。
そして、うなぎのような小骨が無いので、2歳と4歳のこどもたちが嫌がらずどんどん食べてくれるだろうと想像しています。
ハギは小さいというイメージをお持ちの方が多いかもしれませんが、
25センチ以上の大物ウマヅラハギは、カニのように尻尾にタグをつけてブランド化しているんです。肝醤油で味わうお刺身も美味でしたよ。

他に、神奈川県・三浦市の「大根」をご紹介した回で知った"豚バラ大根"は
こどももモリモリ食べてくれるので何度もリピートして作っています。

同じ野菜、魚だといっても一つ一つ、特徴や特質が違いますよね。そのベストな調理法を地元の方は知り尽くしています。
放送を見逃した方、レシピを詳しく知りたい方はHPの「ごちそうレシピ」を!!

今年も皆さんとお役に立つ情報がきっとあると信じて、天野さんと頑張ります。

180202_003.jpg

天野さんとお正月の放送で着物をきました。


投稿者 佐藤誠太アナ

詳しいプロフィールはこちら

4年ぶりの大雪で

2018年02月09日 09:00

こんにちは。
「おはよう日本」4時台・5時台キャスターの佐藤誠太です。

先月22日、東京都心は4年ぶりに20センチを超える積雪となりました。
私も都内から雪の影響について中継しましたが、
秋田出身の私でも、この日の寒さはつらかった...
だんだん寒さで口が回らなくなる、アナウンサー泣かせの現場でした。 180209_01.jpg

私が雪と格闘しているさなか、3歳になる息子はというと・・・
180209_02.jpg
雪遊びに夢中でした。

初めて見る本格的な雪に大興奮!
あっという間に巨大な雪だるまを作っていたそうです。

雪といえば、探してみたらこんな写真が。
180209_03.jpg
6歳くらい?と思われる佐藤少年です。
どうです、家の前の平地でスキーの練習です。
これぞ雪国!という一枚ですよね。
(この頃はハイウエストがマイブームだったようです)

子どもたちにとっては楽しい雪、ですが、
特に雪に慣れていない地域では影響も大きいもの。

くれぐれもけがなどしないよう、お気を付けください。


投稿者 田中 泉アナ

詳しいプロフィールはこちら

Please stay tuned!

2018年02月16日 09:00

田中泉です。毎週月曜日~木曜日の夜10時から総合テレビで放送している「クローズアップ現代+」のキャスターを担当しています。

去年の3月までは「ニュースウオッチ9」でリポーターをしていました。
全国各地、ときには海外にまで最新のニュースの現場に行く日々はさながら短距離走を毎日行うようでしたが、今は毎回ひとつのテーマにじっくり向き合う生活。
番組を担当するようになってそろそろ1年ですが、国内外での取材やスタジオでのプレゼンテーションなどで日々さまざまなテーマの'現代'に向き合っていると、異なるテーマとテーマがふっとリンクする感覚を持つことがあります。
ひとつの出来事の過去から未来への関連はもちろんのこと物事は全てつながっているということにはっとし、「あっ今ってこういう時代なんだ」という静かな感動を覚えます。
20180216_01.jpg
(夏にシリア人難民を取材したトルコにて)

今私たちが生きている世界とはどういう世界なのか、これからどうなっていくのかということに思いを馳せ、大げさに聞こえるかもしれませんが、翻って自分はどう生きていきたいのかまで考えさせられる、とても充実した番組だと思います。できましたら、たとえ興味のあるテーマでなくても毎回見て頂けたら嬉しいなあ、と心から思っています。

20180216_02.jpg
(秋にアメリカでインタビューしたノーベル経済学者のリチャード・セイラー教授と)

一緒に番組を作り上げているアナウンサーは武田真一アナウンサー鎌倉千秋アナウンサー
お二人ともこの番組で初めてご一緒しましたが、これまですごいなあと尊敬してきた先輩です。実は就職活動中にお二人から話を聞いていた私・・・。まさかご一緒することになるとはそのときは夢にも思っていませんでした!

武田アナウンサーはいつも見る人がどう感じるか、という目線を大事にしていて正義感が強く、スタッフを交え議論する中ではっとさせられることがたびたびあります。放送が終わると、メイクを落としながらその日のテーマや放送をどう思ったのかをお話するのが自然と習慣になりました。性格・性別・年齢が違うので、見方や思うことが違っていることもありますが、意外と?同じこともあり。密かに楽しみにしている時間です。

鎌倉アナウンサーとは、放送日が普段別々なのですが、ご一緒するときはその頭の回転の速さ、スマートさに驚くばかりです。比較的のんびり話す私とは、例えば10秒間に話す情報量がかなり異なり、焦りを覚えることも多々あります(笑)。テーマへの向き合い方や興味を持ったテーマへのアプローチなどが本当に勉強になります。
そんな中、先日は、武田アナウンサーがオリンピックを前にピョンチャンから放送を出していたこともあって、女性二人での「クロ現+」でした!
20180216_03.jpg
これ、二人の衣装の色が反転しているように見えませんか??担当してくださっているスタイリストさんの遊び心です。私がピンクのジャケットに紺のワンピース。鎌倉アナウンサーがピンクのワンピースに黒のジャケット。思わず写真を撮ってもらいました♪

番組や先輩方から学ぶことは挙げればきりがないのですが、今私が意識しているのは自分らしくいること・自分が感じることをきちんと伝えることの大事さ。
背伸びせず正直に一つ一つのテーマと向き合っていきたいです。
これからもどんなテーマや人・ものとの出会いがあるか、本当に楽しみ!!
今番組はオリンピックで放送休止になっていますが、また26日から再開しますよー、
Please stay tuned!


投稿者 熊倉悟アナ

詳しいプロフィールはこちら

この時期の楽しみ

2018年02月23日 14:20

皆さん、こんにちは。熊倉悟と申します。ラジオの音楽番組「ミュージック・グラフィティー」のMCを柘植恵水アナウンサーと隔週で担当しております。
また、「インタビューここから」「アナウンサーのディープな夜」、特番の「今日は一日○○三昧」といった番組のデスクをしております。
いやぁ~、ピョンチャンオリンピック、熱い闘いが繰り広げられました。見所いっぱいでしたね。パラリンピックも楽しみです。
さて、ピョンチャンも盛り上がっていますが、大のプロ野球ファンの僕にとって、2・3月のこの時期は、とってもワクワクする時期です。2月1日に各チームがキャンプイン→練習試合→オープン戦と、3月末の公式戦開幕に向けてどんどん気持ちが高まる時期、前年11月の日本シリーズが終わってからの"プロ野球ロス"ともおさらばです。この時期になると、書店の店頭に並ぶプロ野球選手名鑑を購入し、ひいきのチームの今シーズンの星勘定を始めます。(選手名鑑は昨シーズンのチーム順位に掲載されることが多いので、ひいきのチームのページを探すのに後ろのページから探す癖がついているのはご愛嬌です)僕は東北に本拠地を置くあのチームを応援しているのですが、N投手が14勝、K投手が13勝、おっとM投手も2年続けての2桁勝利で11勝は行くだろな・・・などと見積もります。そうすると、毎年、低く見積もっても90勝でぶっちぎりの優勝!?となるのですが、毎年そうはならないのも面白いところです。
昨シーズンは、ひいきのチーム中心に11試合を球場で観戦しました。仙台で一緒に大学時代を過ごした友達と球場で声を張り上げ、試合後は"反省会"と称しての2次会。あるいは1人で球場に赴き、球場で知り合った若者と意気投合し、また一緒に観戦に行ったり、普段は見ないセ・リーグの試合を職場の友人と見に行って、投手が打席に入るのがやけに新鮮に感じられたり・・・。ゲームを楽しむのはもちろん、コミュニケーションも深まり楽しいひとときを過ごしました。
今年もあと1ヶ月ほどするとペナントレースが始まります。どんなドラマが待っているのか、もう楽しみで仕方ありません。そういえば"侍ジャパン"メンバーも先日発表になりました。国際試合、東京オリンピックでの活躍にも期待が膨らみます。
さあ、今年もお気に入りのチームのキャップにユニフォーム、応援バットなどの小道具も準備万端、あとはシーズンインを待つだけです(笑)

180223_01.jpg