主にアナウンス室に在籍するアナウンサーが、趣味や仕事、日常の中で出会ったちょっといい話などを、思い思いに分かりやすい「ことば」でつづっていきます。


投稿者 井原陽介アナ

詳しいプロフィールはこちら

皇居にて

2018年01月12日 09:00

井原陽介です。
「おはよう日本」リポーターや、報道番組の中継、国会中継などを担当しています。
生まれてから三十数年間、主に地方都市で暮らしてきた私にとって、「日本の中枢」が普段の仕事場であるということは想像もしなかったことです。
12月は、天皇陛下が退位される日程を決めるための皇室会議のニュースで、皇居前からの中継を担当しました。

180112_001.jpg

思い返せば去年一年は、仕事で、プライベートで、皇居をたびたび訪れました。
「新年一般参賀」や「歌会始」の取材をはじめ、年間を通じて宮内庁が受け付けている見学ツアーの「一般参観」など、8回に上ります。
その際に資料として撮りためたなかで、とくに気に入っているのが、このシーンです。

180112_002.jpg

馬車列。

新任の外国大使が、天皇陛下に本国からの書状を手渡すため皇居に赴く「信任状捧呈式」の馬車列です。
大正時代から使われ続けているという車体・車輪がキラキラと輝く様子や、馬たちの毛並みのつややかさを目の当たりにして、とりこになりました。
大都会・東京のどまんなかを、いまの時代に馬車で悠然と通り抜けるってどんな気持ちだろう?
それを実感するには、私自身が大使になるしかないですけれども...。
馬車列が運行される予定が固まれば、宮内庁のホームページで告知され、誰でも見学できます。
ちなみに、馬たちのお家も、皇居内にあります。

さらにこちら。

180112_003.jpg

皇居内の「二重橋」からみた、皇居前広場の様子です。
この逆の、皇居前広場から二重橋を見上げる構図は、さまざまなガイドブックで見かけます。
しかしこのアングルは、一般参観に参加するか、正月や天皇誕生日の一般参賀でしか見ることができません。
奥に見える「正門石橋」がお堀に映るメガネ形が、くっきりとしています。
皇室関係のパレードが行われる際は、この場所に車列がさしかかると、広場で待ち受ける人波が見えてくるわけです。

初夏、皇居東御苑で見つけた梅の実や、紅葉を迎えた乾通りの、燃えるような赤。
皇居に残る広大な自然にも、魅せられました。
次の1年はどんな景色が見られるのか、ワクワクしています。


投稿者 雨宮萌果アナ

詳しいプロフィールはこちら

ローカルフード

2018年01月19日 09:00

2018年になりましたが、みなさんいかがおすごしですか?
さて最近、あさイチの取材で北海道に行って参りました。
今回訪れたのは「24時間営業は便利か否か」の特集のため。
そこで北海道の某コンビニを取材しました。

180119_1.jpg

こちらの手作り惣菜は道民の心をわしづかみしているそうで
顧客満足度も高いそうです。
私が食べているのは人気のカツ丼。
肉厚のカツとタレのバランスが絶妙でトロトロの半熟卵は口の中を至福にさせます。

ところで、センター試験が始まると、合格にあやかったお菓子や商品が陳列されますよね。
ふと、このコンビニの棚をみると、なにやらひときわ目立つものを発見。

180119_2.jpg

二度見してしまうほどインパクトのあるネーミングとイラスト。
社員の方に聞くと、その昔、学校の購買部やコンビニなどで販売していたハンバーガーで
40代前後の人が懐かしいと感じるようです。
それが今、受験生応援キャンペーンの復刻版になっているみたいです。
(もともとは照り焼きバーガーだったようですが、今はチキンカツに変身。)
ローカルフードって面白いですね。昭和を感じるイラストにジワジワ来る雨宮
縁起物を沢山取り込んで、今年もにぎやかに過ごします。


投稿者 森田洋平アナ

詳しいプロフィールはこちら

そうだ、庭園に行こう

2018年01月26日 09:00

こんにちは。
「おはよう日本」早朝キャスターを担当している森田洋平です。

これといって人に紹介できる趣味がないことが、これまでコンプレックスでした。
何かないかと考えていたある日のこと。
早朝からの仕事を終えた昼過ぎ、
気持ちのいい澄んだ青空が広がっていました。
「この気持ちのよさを満喫したい。そうだ、公園に行こう!」
ふと思い立ちました。

近くに代々木公園もありますが、あまりに近い。
スマホで調べると、公園の上をいく?「庭園」と呼ばれるものが、
東京にもいくつかあるではありませんか。
ご存知でしたか?東京には公園協会が認定している都立の庭園が9つもあるんです。

その一つ、文京区の六義園に行くことにしました。
中に入ると、
180126_1.jpg
中央に水をたたえた池、周囲に立ち並ぶ木々、すがすがしい空気、静かな時間。
これ、東京?
と疑いたくなるような空間でした。

180126_2.jpg
木漏れ日差す小道。

180126_3.jpg
蜜をもとめる虫たち。

都会の喧噪を忘れさせてくれる、なんと素敵な昼下がり。
平日ということもあり、人もまばらで、まさに早朝勤務者の役得です。
「これはいい、"庭園めぐり"を趣味にしよう」と心に決めました。

それからしばらく経ち、次に訪れたのは、江東区の清澄庭園。
180126_4.jpg
隅田川から水をひいたという池が、青空と庭園の松を写します。
背後には、東京スカイツリーが!
現代版の"借景"といったところでしょうか。

そして、生き物たちに親しめるのも庭園の魅力の一つ。
180126_5.jpg

180126_6.jpg

二年後にせまった東京オリンピック・パラリンピック。
海外から訪れる方々にも、
東京にこんな空間があることを知ってもらいたくなりました。

みなさんもいかがでしょうか?
私も、あと7つ巡ってみます。