主にアナウンス室に在籍するアナウンサーが、趣味や仕事、日常の中で出会ったちょっといい話などを、思い思いに分かりやすい「ことば」でつづっていきます。


投稿者 千葉美乃梨アナ

詳しいプロフィールはこちら

【初心忘るべからず...】

2017年07月07日 09:00

こんにちは、千葉美乃梨です。
この春から、『おはよう日本』『サンドウィッチマンの天使のつくり笑い』を担当しています。

まだ引っ越したばかりですが...
月に1~2回のペースで、休日を利用して里帰りしています。
そう、ふるさとである、東北へ!!

先日は、3年間お世話になった、初任地の山形県へ行ってきました!

「せっかく行くなら、アレ食べなきゃ!!」
170707image001.jpg

山形は、ラーメン消費量が日本一。

170707image003.jpg
暑い夏には、これ!河北町の冷たい肉そば。

「いやいや、食べ物以外も...あっ!新緑の最上川をみたい!!」170707image005.jpg
およそ1時間の最上川舟下り・・・

...あれ?

170707image007.jpg

結局ここでも、食欲が大爆発――――――!!!

普段、とりわけ「食べ物リポート」の仕事が多い私。
いつでもどこでも、美味しい表情が出来るのは、
山形での「おいしい3年間」があったからだと、改めて気づきました。

初心、忘るべからず。


投稿者 酒匂飛翔アナ

詳しいプロフィールはこちら

週休5日ではありません

2017年07月14日 09:00

こんにちは。
今年度から「サタデースポーツ、サンデースポーツ」を担当しています酒匂飛翔です。
いつも見てくださっている皆様、本当にありがとうございます。

4月から番組を担当して3ヶ月あまり。時々ですが街中で声をかけてくださる方もいます。
「スポーツキャスターの割にぽっちゃりですよね。」という叱咤激励から「眼鏡をかけたり、かけなかったり、キャラ設定が大変ですね」というねぎらいの声まで、色々なご意見に感謝しています。

その中で、これだけはきちんとお答えしなければ!!という声がありました。
「サタデー、サンデースポーツ担当だと平日はお休みなんですか?」
そうそう。実は週休5日でして・・・。
って、そんなわけないでしょう!!(笑)

平日は番組のための企画会議を行ったり、球場やスタジアムに取材に出かけたりしてすごしています。ちゃんと働いています!(笑)

証拠と言ってはなんですが、先日はちょっと足を伸ばしてこちらまで

170714_04.jpg

そう、現在J1で首位を争う、好調の柏レイソルの取材に行って来ました。
Jリーグも折り返しの後半戦突入。練習後に下平監督は、
「上位陣とのここ一番で勝ちきる強さを求めていく」と語っていました。

Jリーグは、レイソルを始め、今月初めに暫定ながら12年ぶりの首位に立ったセレッソ大阪、守備の堅いガンバ大阪、大岩剛新監督が指揮をとってから5連勝の鹿島など、上位争いがしれつで注目です!!
「サタデースポーツ、サンデースポーツ」でも、各チームの戦いをギュギュっと凝縮してテンポ良くお伝えしていますので、皆さんぜひこれからもご覧くださいね!


おまけ

170714_05.jpg

取材前の昼食は、福岡生まれの私の好物「とんこつラーメン」でした。
「食べすぎると太るよ」という声が聞こえて来そうですが
摂取した以上に汗をかき働いて脱ぽっちゃりスポーツキャスターを目指して頑張ります。
みなさま今後ともよろしくお願いします。


投稿者 望月豊アナ

詳しいプロフィールはこちら

インタビューここから 朝井リョウさん

2017年07月14日 12:00

7月17日(月・海の日) 総合テレビ 午前 6:30~6:53

インタビューここから 朝井リョウさん

海の日の『インタビューここから
ゲストは、平成生まれ初の直木賞作家・朝井リョウさん(28)。デビュー作「桐島、部活やめるってよ」、直木賞受賞作「何者」など、現代の若者の姿をあぶりだす作家として注目を集めてきました。しかし、そうした役割はまもなく終わると本人は感じています。その先にどんな作品を見据えているのでしょうか。母校の中学校などで、朝井さんの本音に迫りました。
以下、制作・聞き手の望月豊アナウンサーの話しです。

「小説家としてだけでなく、ラジオパーソナリティや、高校生とのトークイベントの司会など、マルチに活躍する朝井リョウさん。母校の中学校や、上京してからずっとお気に入りの場所というファミリーレストランで話をうかがったほか、ニッポン放送で放送中の「高橋みなみと朝井リョウ ヨブンのこと」の収録現場にもお邪魔しました。平成生まれ初となった直木賞受賞から4年。30歳を前に、小説家として新たな局面を迎えようとしている"最新の"朝井リョウさんをご紹介します。」

○インタビューここからホームページ


投稿者 塩屋 紀克アナ

詳しいプロフィールはこちら

小魔人?

2017年07月21日 09:00

塩屋紀克です。
昨年度からTOKIOの城島茂さんと一緒に「民謡魂ふるさとの唄」(総合:土日祝随時)の司会をしています。
この番組は、全国各地の会館にお邪魔して公開収録するもので、その土地に伝わる民謡はもちろん、地域の歴史や文化、風土も再発見できます。
6月に訪れたのは、日本海に面した石川県輪島市。
輪島といえば「輪島塗」!ということで、ステージでこちらの写真をパチリ。

170721_01.jpg

輪島塗をイメージした大きなお椀はともかく(※ちなみにこのお椀、スケートボードのように動きます)、私の派手な格好は私服ではなく衣装です。なぜこのような格好をしているかというと、「小魔人」の役を演じるからです。
なぜ輪島塗で魔人?
小魔人もいれば大魔人もいる?
司会の城島リーダーはいったいどうなる?
ゲストの田中要次さんやU字工事さんは何をするのか?
いろいろ疑問がわくと思いますが、
8月6日(日)午後3時5分から、総合テレビで放送します。
謎を解決していただくために、どうぞご覧ください!


投稿者 武内陶子アナ

詳しいプロフィールはこちら

「ひるまえほっと」の娘たち

2017年07月28日 09:00

みなさんこんにちは!

3人娘の母である私、じつは私自身も4人姉妹なんです。

え?何番目かって?

そりゃどこから見てもほら、しっかりものの長女でしょ。
周りの人からは「絶対末っ子でしょ!」ってよく言われますけど。
あれ、、、なんでだろ?

さて、そういうわけかどうかわかりませんが、
私の周りにはどうも「女子」が集まる傾向があるようで。
今、た~くさんのかわいい「娘たち」と一緒に仕事しています。

その番組のポスターがこちら!

170728_01.jpg

うふふ。。いっぱい乙女たちがいるでしょ?

もともとは
私が一人で写っている
ポスターなのですが、
なんだかとても淋しくて。

ということで!

「みんなも貼って~!」

と声かけて

スペシャルバージョン
作っちゃいました(笑)

手作り感、満載ポスター♪(笑)


スペシャルバージョンは「ひるまえほっと」の部屋の入り口のドアに張り出しています
東京だけでも13人の女子リポーターたち。
首都圏エリア各局から参加するリポーターを合わせると
なんとなんと、「40人以上の娘たち」とともに毎日の放送を作っているのです!
朝ドラ「ひよっこ」じゃないけど、私、和久井映見さん演じる乙女寮の愛子さんの気分です。

常々、私の来世の夢は「子沢山母さん!」と言ってきたのですが
その夢、現世で叶っちゃいました。

毎日、各局の乙女たちと、ここはこうしたほうが伝わるんじゃないか、いやいやこっちのほうが面白いよと、あーでもないこーでもないと 侃侃諤諤 かんかんがくがく の議論をしながら放送を出しています。

目下の私のテーマは、そんな乙女たちの肝っ玉母さんになること。
40人のかわいい娘たちのバラエティー豊かな情報を、より面白く、愉しく、深くお伝えしますので、みなさま乞うご期待!

関東にいらした際には、是非、番組ご覧くださいね。

そうだ!
8月9日(水)BSプレミアムで「京都異界中継」を担当します。
平安の昔から京都屈指の魔界エリアとして注目されてきた「貴船」にキーステーションを置き、百物語のすずし~い夜をお届けします!
是非ごらんくださいね。