現在位置 アナウンスルーム トップページ > アナウンスルームBLOG    

アナウンスルームBLOG

クリックするとNHKサイトを離れます

主にアナウンス室に在籍するアナウンサーが、趣味や仕事、日常の中で出会ったちょっといい話などを、思い思いに分かりやすい「ことば」でつづっていきます。

ラジオ文芸館 ~「仮面パパ」 森浩美 著~

投稿日:2016年05月30日 15:00

アナウンサーの語りと音響効果で構成する“聞く短編小説”ラジオ文芸館。今週末は、中山庸介アナウンサーが担当します。 朗読するのは、森浩美さんの短編小説集「ひとごと」より、『仮面パパ』です。主人公は、入社13年目の中堅サラリーマン。ある日、「もうムリ」という手紙とともに、三歳の娘を残して妻が蒸発。娘と二人だけの生活をするなかで、妻の抱えていた苦労に気付き、ハッとさせられます。  以下中山アナウンサーの話です。「私も、入局して13年。娘もいますし、主人公の気持ちをリ

続きを読む

アナウンサーブログ


投稿者 鈴木奈穂子アナ

詳しいプロフィールはこちら

趣味になる・・・かも・・・?

投稿日:2016年05月25日 13:45

「ニュースウオッチ9」のキャスターを担当しています、鈴木奈穂子です。 「趣味は何ですか?」という質問がちょっぴり苦手です。元来飽きっぽい性格なうえに、その魅力に気づくまでに結構時間がかかるタイプです。 特に「鉄道」というものに関しては、本当に詳しい方も多いですが、これまでほぼ興味を示した事がありませんでした。(鉄道好きな皆さんごめんなさい。)私にとっての電車や飛行機や車は、「自分の体を目的地に運んでくれる素晴らしいもの」であって、それを「楽しむ」感覚はほとんどなかったんです。 そんな私が、電車好

続きを読む

蜷川幸雄さんをしのんで~100年インタビュースペシャル~

投稿日:2016年05月25日 09:00

今月12日に80歳で亡くなった、演出家、蜷川幸雄さん。 アングラから現代劇、海外の古典に至るまで幅広く演劇界をけん引し、 その鮮烈な演出は、世界の観客を魅了し続けてきた。 蜷川さんの演出には、一貫して常に新たな自分を探し求める姿勢があり、 そのパワーの源は、彼の「反逆精神」にあるとされてきた。 蜷川さんは、何に抗い、どこまで人間を理解し、理想の演劇に近づけようとしてきたのか。 番組では、2009年に収録したインタビューを再構成し、 ゆかりの人々のコメントも紹介しながら、演出家・蜷川幸雄さ

続きを読む