武田双雲

2018年11月23日()勤労感謝の日

書道家の武田双雲さん。大河ドラマ「天地人」の題字を手がけるなど、その感性豊かな書は国内外で高い評価を得ています。双雲さんは子どものころから、忘れ物が極端に多く、興味を持つと一直線に進んでしまう特性がありました。そして、2年前、40歳を過ぎてから発達障害のひとつ、ADHD(注意欠如・多動症)の可能性を公表。その後、気持ちが「楽になった」という双雲さんは今、新たな芸術を探り始めています。双雲さんの創作の源、そして、発達障害への思いについて伺いました。

今回はアナウンス室が制作しました。

制作:池田耕一郎

聞き手:魚住優