ロボット学研究者 石黒浩さん

2014年5月5日(月)こどもの日

人間そっくりに作られたロボット、アンドロイド。この分野の第一人者が、大阪大学教授でロボット学研究者の石黒浩さんだ。研究の目的は「人間とは何か」を知ること。精巧なロボットが日常生活に関わることで、さまざまな人間の特性が見えてくるという。
石黒さんの研究の原点は、はじめて作った人型ロボットが小学校で子どもと触れ合う様子の中にあった。今もロボットが活躍している小学校などで、石黒さんが追い求める「人間とは何か」を伺った。

今回は大阪放送局が制作しました。

地震のニュースをお伝えしたため、放送は延期となりました。
7月21日に放送予定です。