スーパーハイビジョンを支える技術開発

NHKではスーパーハイビジョン放送を実現するために カメラやマイクなどの番組制作機器から スーパーハイビジョンを視聴者のみなさまにお届けするための放送システム、家庭用スーパーハイビジョンテレビに至るまで、幅広い技術開発に取り組んでいます。

番組を制作する

スーパーハイビジョン映像 ●カメラ ●レンズ ●収録再生機
●編集機 ●スイッチャー ●スロー再生装置
●テロップ装置 ●合成装置
●SHV-HDダウンコンバーター
●HD-SHVアップコンバーター
●番組素材伝送装置 など

22.2マルチチャンネル音響 ●ワンポイント収音マイクロホン
●ポータブル録音編集機
●三次元音響ミキシングシステム
●中継用ミキシング卓
●三次元残響付加装置
●22.2ch音響ヘッドホンプロセッサ など

番組をお届けする

●衛星伝送方式
●地上伝送方式
●ケーブルテレビ伝送方式
●高効率映像/音響圧縮符号化装置 など

番組を視聴する

●85インチ 液晶ディスプレイ
●プロジェクター
●ディスプレイ一体型22.2チャンネル
 音響再生システム など